生体内、生体外実験における抗体

抗体医薬品開発に有効な品質管理

products.png

内毒素濃度、及び免疫グロブリンGの純度に対しての品質管理を実施しているため、弊社の抗体は検査における理想的な対照です。

Life-science-10yr-promo.jpg

クラウンバイオ ライフ社は、弊社のパートナーの前臨床研究をサポートするため、生体内及び生体外の試薬を研究することを専門とし新しく立ち上げられた部門です。クラウンバイオ社のライフサイエンス部門は、カリフォルニア州のサンタクララに本拠地を置き、アイソタイプ・コントロール抗体を含む幅広い研究用試薬を提供しています。

生体内のアイソタイプ・コントロール抗体

  • WB、IHC、FC、IPなどの機能性の研究及び生体内の研究において使用に適しています
  • とても低い内毒素濃度(<0.5EU/mg)
  • 高濃度での提供 (3-5mg/ml)
  • PBSのみの提供、菌や添加物などを含まない。
  • ポリアクリルアミド電気泳動( SDS-PAGE)と高速クロマトグラフィー(HPLC)により解析することで純度95%超

アイソタイプ・コントロールは実験結果を立証するのに必須です。アイソタイプコントロールは、生体内の抗体研究や免疫アッセイに陰性コントロールとして一般的に使われるものです。アイソタイプ・コントロールは、実験対象に対し特異性に欠けますが、対象主要抗体の非CDR抗体要素から発生する可能性のある同じ非特異的結合を示します。アイソタイプ・コントロールは、対象主要抗体の宿主種、アイソタイプ(サブクラスと軽鎖を含む)、結合のレベル、免疫グロブリンGの濃度と一致します。

クラウンバイオ社は、一連の免疫グロブリンG アイソタイプ コントロールを、生体内グレード抗体コントロールを必要とする製薬会社やバイオ技術の会社に対して開発しています。これらのアイソタイプ・コントロールは、特に動物の生体内研究や高いスクリーニング検定処理のために開発され製造されてきました。標準のアイソタイプコントロール抗体と違い、クラウンバイオ社のアイソタイプコントロール抗体は低内毒素の環境で作られ、内毒素濃度と免疫グロブリンGの純度は品質管理されています。添加物などを含まない高濃度のものを提供しております。弊社のアイソタイプ・コントロールは問題なく検証されており、製薬会社やバイオ技術の会社が生体内の有効性研究に使用しています。

現在入手可能な生体内グレードアイソタイプ・コントロール抗体

商品名 クローンID カタログNO. データシート
Human IgG1, kappa Isotype Control CB1 C0001 PDF
Human IgG1 (non-glycosylated), kappa Isotype Control CB12 C0019 PDF
Human IgG1 (D265A), kappa Isotype Control CB13 C0020 PDF
Human IgG2, kappa Isotype Control CB2 C0002 PDF
Human IgG3, kappa Isotype Control CB3 C0003 PDF
Human IgG4, kappa Isotype Control CB4 C0004 PDF
商品名 クローンID カタログNO. データシート
Mouse IgG1, kappa Isotype Control CB5 C0005 PDF
Mouse IgG2a, kappa Isotype Control CB6 C0006 PDF
Mouse IgG2a (non-glycosylated), kappa Isotype Control CB7 C0007 PDF
Mouse IgG2b, kappa Isotype Control CB8 C0008 PDF
Mouse IgG3, kappa Isotype Control CB9 C0009 PDF
商品名 クローンID カタログNO.
Rabbit IgG, kappa Isotype Control CB16 C0012
商品名 クローンID カタログNO. データシート
Rat IgG1, kappa Isotype Control CB14 C0010 PDF
Rat IgG2a, kappa Isotype Control CB15 C0011 PDF

これらのIgGアイソタイプ・コントロール モノクローナル抗体は、鶏卵リゾチームに対して産生するもので、交差反応を避けるためにマウスやヒトでは産生されません。それぞれのアイソタイプ・コントロールは、哺乳類の細胞に発現し、プロテインAの親和性カラムと共に浄化されます。それぞれのアイソタイプ・コントロールは、様々な用途で、陰性コントロール、標準薬、遮断薬またはタンパク膜として使用することができます。

大量の抗体でもすぐにでもご用意できます。お見積りのお問い合わせ等は、お電話855.827.6968または メールproducts@crownbio.comまでご連絡ください。

代表的な品質管理データ:SEC-HPLC (0.5 ml/min; 30 min; UV280) Analysis of Human IgG1, kappa Isotype Control, Catalog # C0001

代表的な品質管理データSDS-PAGE (12% SDS-Polyacrylamide gel) Analysis of Human IgG1, kappa Isotype Control, Catalog # C0001, Under Reducing and Non-Reducing Conditions

連絡先

価格、商品に関するご質問等は以下にご連絡ください。

クラウン バイオサイエンス インク、ライフサイエンス部門
3375 Scott Blvd., Suite 108, Santa Clara, CA 95054

Tel: 855.827.6968 Email: products@crownbio.com
Fax: 866.745.6215 ご注文の諸条件