薬理学および生化学的分析サービス

貴社の創薬過程を促進するために弊社の薬理学および生化学分析サービスをご活用ください。

oncology-magnifyglass.png

迅速に貴社の候補薬剤の生物学的特性をプロファイルし評価します。

貴社の候補薬剤に対して最適な戦略を開発することは、発見から臨床前進展まで、薬品が成功する最大の機会を得る決定的要素となります。

Crown Bio社は、以下のような薬理学および生化学分析のプラットフォームをご提供します。

  • 初期段階の薬物学的特性スクリーニング
  • インビトロADMEスクリーニング
  • 後期段階では、PK試験(薬物動態試験)とPK/PD試験(薬物動態試験/薬力学試験)、小さな分子や生物製剤用に齧歯動物からNHPまでを使用します。

貴社の化合物が安定した市販製剤ということを確認してください。

構造生物学

さらに、献身的で経験豊富なタンパク質科学チームは、独自の専門知識を有し、弊社の最新設備のラボと能力を活用し、以下のような質の高い構造生物学的サービスを提供しております:

  • 組み換えタンパクの発現
  • 安定した細胞株とプロセスの開発
  • タンパク質結晶構造解析
  • タンパク質工学と進化
  • 抗体親和性成熟
  • 抗体のヒト型化
  • 抗原産制/抗体産生
  • ハイブリドーマ モノクローナル抗体 生成

標的評価

CrownBio社の標的評価サービスは、潜在的ターゲットから薬理学的候補に移行する前の、細胞内プロセスの詳細な分子の理解を保障します。それぞれの標的の生物学的機能と薬理学的介入を究明するために、CrownBio社はいくつか生体内試験を提供しています。

  • 干渉RNA
  • 遺伝子クローニングと安定したトランスフェクション
  • リアルタイムPCR
  • 標的のタンパクノックダウンと過剰発現
  • インビボ/エクスビボの標的評価
  • レポーター遺伝子アッセイ

弊社の薬理学および生化学分析サービスは、スタンドアロンとしてまたは統合型創薬プロジェクト・サービスとしても提供しております。

弊社のよく検証され、特徴付けられたモデルは、細胞株由来の異種移植片モデル(CDX)、ヒト原発性ガン細胞を含み、患者の腫瘍サンプルは、後期インビボ、およびエクスビボの低分子および生物製剤両方の薬理評価をするのにご利用いただけます。

HuPrime® および HuKemia® 患者由来異種移植片 (PDX)

薬理学および生化学分析のプロジェクトのご要望等について今すぐにもお話を伺いしますお伺いいたします。弊社にご連絡ください。