In Vitroサービスについて

クラウンバイオ社は、お客様のプロジェクトのニーズにあった in vitro サービスの提供しており、そのバイオロジープラットフォーム により、さらに敏速でより良い決定が可能です。

invitro-magnifyglass.png

有効で特徴 がはっきりした大規模コホートの細胞株

クラウンバイオ社は、腫瘍薬の開発プログラムに必要である様々なin vitro プラットフォームをを提供します。

クラウンバイオ社は、優れたスクリーニングプラットフォームと検証された細胞株を提供しており、これによりお客様の貴重な時間と資源を節約し、データの信頼性を高めます。

弊社の世界的な科学者から成る大きなチームは、製薬会社およびバイオテクノロジー企業と提携し、先導薬物の in vitro における薬理学的特性化を支援するために広範囲の研究を実施しています。

包括的もしくは特定の癌細胞株をコレクションから選出

  • OmniPanel™は、薬物反応のための400個超の癌細胞株からなる多様な遺伝子コレクションです。
  • XenoSelect™は、 invitro で直接的腫瘍形成作用を有するスクリーニングパネルであり、180以上の十分に検証された細胞株を有し、Cell Line Derived Xenograftモデルに関連していて in vivo での有効性試験に使用できます。
  • RNAseq Panelは、変異状態、コピー数多型、および薬物堪能の発現濃度を比較するのに必要な120個以上のゲノム的特徴がある細胞株です。
  • PrimePanel™は、癌細胞株のユニークなコレクションであり、弊社の遺伝的に定義付けられた HuPrime® Patient-Derived Xenograft (PDX)モデルにの一つから由来するそれぞれの主な細胞を伴っています。

弊社の特徴的な 細胞株パネル は、 OmniScreen™で使用されたり、ターゲットの拡大、検出、およびプロジェクトの最適化促進のためのハイスループット細胞ベーススクリーンのグローバルプログラムに使用することが可能です。

包括的な範囲の機能的検査

クラウンバイオ社の幅広いツールセットにより、各ターゲットの生物学的機能を決定し、実行/中止の決定をサポートします。また、以下の多様な機能検査にも使用されています。

  • ハイスループット細胞毒性スクリーニング
  • In vitroの薬物併用試験
  • 3Dクローン形成検査
  •  PrimePanel 細胞ラインを用いた3D 腫瘍増殖検査
  • ターゲット検証試験
  • 癒着、転移、および浸潤的検査
  • 血管新生検査
  • アポトーシス検査
  • ADCCおよびCDC解析
  • 細胞サイクル解析
  • 薬力学/薬物動態解析

 In Vitro における癌免疫スクリーニング

癌免疫療法は、治療パラダイムとして成立していますが、新たな免疫療法の開発は未だ多くの困難が強いられています。新しい癌免疫薬物のin vitroにおける検査は、in vitroに移行する前に生物学的製剤のような多くの新薬は困難を伴います。

クラウンバイオサイエンス社は、癌免疫製剤のin vitro試験のための様々な検査とプラットフォームを提供しています。それは、免疫表現型検査、機能検査、腫瘍微環境の規制技術を含んでおり、新薬開発への次の局面へ自信を持って移行することが可能です。

in vitro薬物開発の要望など無料で専門家がアドバイス致しますので、お問い合わせください。