免疫腫瘍学

CrownBio の総合的なイン・ビトロ免疫療法
翻訳テクノロジー・プラットフォームによって臨床前免疫療法を前進させてください

oncology-magnifyglass.png

弊社の幅広い実証済み臨床前免疫腫瘍学モデルのご紹介

免疫腫瘍学は、極めて多様な治療領域です。そのために、CrownBio は、1つのイン・ビトロモデルが、弊社のクライアント様の免疫療法研究のニーズすべてに適合するものではないことを理解しています。

弊社は、特に幅広い研究タスクや有効性試験の遂行向けに設計されている総合的かつ多彩な免疫療法臨床前モデルをお届けする、イン・ビボ免疫療法翻訳テクノロジー・プラットフォームを開発しました。

キメラ抗原受容体発現T細胞療法(CAR-T)治療評価

キメラ抗原受容体発現T 細胞療法(CAR-T)治療評価に、弊社の患者由来の異種移植片(PDX)モデル2,500‐HuPrime® または、弊社の検証済みのCD19‐ 標的型細胞系由来異種移植片モデルの広範囲なコレクションをご利用ください。


ヒト化モデル

  • 造血幹細胞(HSCPDX モデルは、治療の評価および集団研究のために、ヒト化されたマウスを弊社のHuPrime PDX モデルに結合し、ヒトの腫瘍に対抗するヒト免疫系を利用します

  • マウス内のMiXeno一過性ヒト免疫プラットフォームは、多様な腫瘍学用途のために、完全な幹細胞再構築アプローチの簡潔な代替策を提供します

  • HuGEMM™およびHuCELL™のユニークなモデルは、ヒト固有の生物学的療法の評価のために、完全に機能しているマウスの免疫系におけるヒト化された創薬ターゲットを発現します

マウスの有効性/ PD モデル

  • 同系腫瘍モデルは、完全な免疫能を備えたマウス内での新規の単剤および併剤の免疫療法の評価、ならびにファスト・トラックのための、大規模な、ねじれの、イン・ビボでの化合物のスクリーニングのための価値あるシステムを提供します

  • MuPrime™マウス同種移植片モデルは、GEMM/ 発がん物質誘発モデルの向上した予測力を、操作上の簡易性、一貫性、および有効性やPD 評価等の薬理学研究の着実な進歩と結び付けます

今すぐ弊社にお問合せください:お客様の免疫腫瘍学研究を前進させていただくために最適な臨床前モデルの選択について、無料の専門的なアドバイスをさせていただきます。