肥満

複雑な代謝異常を評価するための多様なインビボモデル

cvmd-magnifyglass.png

CrownBio社の臨床前ソリューションを使って、貴社の抗肥満薬をご評価ください

世界中で600億人を超える肥満者がいると言われる肥満は、重大な蔓延する問題です。

肥満に関連した健康問題の分子と細胞の機序は、まだ完全には解明されておらず、そのために肥満研究を進めて、抗肥満薬を評価するために、臨床前テクノロジーやモデルが必要とされています。

CrownBio社のモデルの総合的なセットをご体験ください

CrownBio社の臨床前心血管および代謝疾患(CVMD)のトランスレーショナルテクノロジー・プラットフォームは、臨床試験へ新しい薬品導入を支援するための、自然発生的な食事性肥満(DIO)モデルをご提供いたします。それには非常に翻訳可能な以下のモデルを含みます:

以下を含む自然発生または誘発性肥満の、通常飼育の齧歯動物モデルをご入手いただけます:

  • zucker fa/faおよびSprague-Dawley系(SD系)ラット
  • ob/obマウス
  • DIO (食事性肥満症)ラットおよびマウス

多種多様な研究エンドポイントの選択

弊社の肥満研究エンドポイントは、以下の評価を含む全範囲の分析と読み出しをカバーしております:

  • 食料摂取量/体重変化
  • 体脂肪組成(DEXA、qNMR)
  • 食品消費(BioDAQ)
  • 酸素消費量/エネルギー消費量(OxyMax)
  • 血清グルコースおよび脂質の測定
  • バイオマーカー ID(ホルモン、脂質)

今すぐお客様の肥満プロジェクトのニーズのお話を伺い、弊社の専門的なトランスレーショナル・サービスの価値をご体験いただくために、弊社にご連絡ください。