肥満

複雑な代謝異常の評価を可能にする多様なin vivoモデルです

cvmd-magnifyglass.png

あらゆる面を網羅したCrownBioの前臨床ソリューションで、抗肥満薬の評価が可能です

肥満の人は世界で6億を超えると言われ、今や世界中にまん延する重大な問題です。

肥満関連の健康問題における分子や細胞の機序は完全には解明されていません。肥満に関する研究を更に進め、抗肥満薬を評価するために、前臨床の専門テクノロジーやモデルが必要とされています。

CrownBioの包括的なモデルを詳しくご覧ください

CrownBioの前臨床心血管・代謝疾患(CVMD)のトランスレーション・テクノロジー・プラットフォームは、次のような高度にトランスレーション可能な自然発生・食事性肥満(DIO)モデルを提供し、新薬を臨床へ移行させるお手伝いをします。

同様に、従来のげっ歯類で自然発生または誘発性肥満モデルをご用意しています。

  • Zucker fa/fa及びSprague-Dawley系(SD系)ラット
  • ob/obマウス
  • DIO(食事性肥満)ラット及びマウス

多様な研究評価項目から選択が可能です

当社の肥満研究の評価項目は、幅広い分析やリードアウトを網羅しています。例えば、次のような項目の評価が可能です。

  • 食物摂取量/体重変化
  • 体脂肪組成(DEXA、qNMR)
  • 摂餌量(BioDAQ)
  • 酸素消費量/エネルギー消費量(OxyMax)
  • 血清グルコース及び脂質の測定
  • バイオマーカーID(ホルモン、脂質)

御社の肥満のプロジェクトに何が必要かをお聞かせください。そして、当社の専門的なサービスを是非ご体験ください