リーダーシップチーム

 

banner-eyeglasses.png

当社のリーダーシップチームのご紹介

CrownBio のリーダーシップチームは製薬業界における深い知識を有していると同時に、米国トップの医薬品の研究開発および臨床前プログラム内の主要部門におけるビジネスや主要部門の構築と運営にあたっての相当な経験を有しています。当社の目標は製薬、バイオテクノロジーおよび医療機器企業に対し、迅速で費用対効果の高い臨床前研究サービスをお届けすることです。

Guo-Liang Yu 博士

常勤会長兼最高技術責任者

Yu 博士は、最近、1億7000万ドルでAbcam に買収された、抗体を基本としたバイオテクノロジー会社であるEpitomics Inc. を共同設立しました。彼は10年間にわたってEpitomics Inc. の会長、社長および最高経営責任者を務めました。Yu 博士の成功は自身の科学的発見を現実の製品化に変換させようという科学的好奇心と情熱によってもたらされています。彼の課題は科学と事業、楽しみと実務、家族と地域社会の間で自らの時間のバランスを図ることです。

彼は1984年に復旦大学(ふくたんだいがく)を卒業した後、最先端の研修を希求すべく、中国から渡米しました。UC Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校)で博士号を取得したのですが、当時、Blackburn 博士の研究室でテロメラーゼおよびその作用機序の発見に寄与しました。Blackburn およびGreider の両博士は、こうした発見から、2009年にノーベル賞を受賞しました。卒業後、Yu 博士は、植物がどのように免疫系なしで病原体から身を守るのかという問題を追求するためにHarvard(ハーバード大学)のAusubel 博士の研究室に加わりました。そして、最初の植物の耐病性遺伝子を同定したのです。

ゲノミクスがまだその揺籃期にあった1993年、Yu 博士は、創薬目的でのヒトの遺伝子を同定するために、最初の上級研究者の1人として、Human Genome Sciences Inc. に入社しました。自身が研究したいくつかの重要な創薬ターゲットの中には、BLyS をループス(狼瘡)抗体の発現のための最初のゲノム標的に同定することに成功した(Benlysta®、2010年までにFDA によって承認されました)という例が挙げられます。

1998年、Yu 博士は、農業および生物エネルギー分野で、経済的価値のある植物遺伝子を同定するという野望に引きつけられました。彼はMendel Biotechnology, Inc. の研究開発部門の上席副社長に昇進し、自身のチームは植物の転写制御因子の完全群の機能を分析しました。結果、穀物収穫量、 疾患抵抗性および耐乾燥性の向上などのいくつかの有意な特徴が同定されました。これらのテクノロジーの中には商品化されることが想定されているものがあります。

Guo-Liang は、6000回以上にわたって科学研究組織によって参照されている、40相当数の論文審査のある科学論文を共同で執筆してきました。Guo-Liangは、200を超える特許の共同発明者でもあります。Guo-Liang は中国の生物製剤協会の創立理事長であり、BayHelix、CABS、国立癌研究財団、Ray Wu 記念財団および米国と中国にあるUniversity of the Pacific(パシフィック大学)などのいくつかの専門家組織の理事会にて理事を務めています。

Yu 博士は精力的に若い企業家の指導を行い、さらに、6つの新興企業の取締役会にも名を連ねています。


Jean-Pierre Wery 博士

最高経営責任者

Wery 博士は、CrownBio に加わる前は、タンパク質バイオマーカーの発見と開発に専門的に従事するMonarch Life Sciences にて最高科学責任者職に就いていました。Monarch の前は、Vitae Pharmaceuticals, Inc. にて3年間、コンピューテーショナル創薬担当副社長を務めていました。Vitae に入社する前ですが、Eli Lilly and Company に12年間在籍し、様々な科学および管理職を歴任しました。

Wery 博士は、ベルギーのUniversity of Liege(リエージュ大学)にて、理学士号および物理学の博士号を取得しました。彼は、博士号取得後、Purdue University(パデュー大学)でJack Johnson 教授の下で博士号取得後の研究を修了しました。Wery 博士は、50を超える数の要約書および出版物を執筆してきました。


Eva Ho

最高財務責任者

Eva Ho は同社のグローバルのファイナンス組織を牽引する責任を担っており、執行委員会のメンバーを務め、2016年6月に最高財務責任者としてCrownBio に加わりました。

Eva は様々な産業にわたる数々の多国籍企業にて広範な財務指導者としての経験を積んできました。CrownBio に加わる前ですが、TWi Pharmaceuticals の最高財務責任者、Acer Computer の最高財務責任者兼スポークスパーソン、 The Test Rite Group の上級副社長兼最高財務責任者を歴任しました。その前は、Sun Microsystems, Inc. およびOracle にて上級財務管理職に就いていました。

Eva はUniversity of Denver(デンバー大学)にて会計学の経営学修士号、国立台湾大学にて経済学の学士号を取得しています。米国コロラド州の公認会計士として名を連ねています。


Laurie Heilmann

グローバル戦略、マーケティングおよび事業開拓担当上席副社長

Laurie Heilmann は、25年以上に及ぶ経営幹部のリーダーシップとしての経験を持ち、CrownBio での自身の役割に対する事業開拓の適正化において卓越した実績を築いてきました。ライフサイエンス産業における新規のビジネスチャンネルおよびマーケティング戦略の創造と開発に精通しているHeilmann はバイオテクノロジー、創薬、医療機器および医療用テクノロジーにおいてイニシアチブを担ってきました。Her diverse therapeutic background, particularly in oncology and metabolism, is essential for proffering CrownBio's preclinical services and products worldwide for biotech and pharmaceutical companies.

Before joining CrownBio, Heilmann held senior positions in prominent drug and device development companies and was an executive director at Strong-Bridge Consulting, where she created the firm's health care and life sciences practice.She also helped establish the for-profit division of the American College of Radiology in her role as VP of Global Sales and Business Development at Image Metrix, and she achieved 140% of goal sales in the company's first fiscal year.

以前の役割、Heilmann:

  • Led global sales and business development initiatives for enterprise-wide software solutions in numerous heath care segments, two of which resulted in successful IPOs.
  • Restarted a global core ECG CRO, increased its sales tenfold, and successfully positioned the company for sale.
  • Co-founded and grew a niche Oncology CRO from five partners to 250 employees in less than five years and successfully sold the company a year later.
  • Created and executed market strategies that generated 89% incremental annual sales in three years, with 40% less-than-planned manpower.

Heilmann's synthesis of business, clinical research, and technological acumen is ideal for assessing needs and assembling strategically sound, high-value solutions for CrownBio's clients.Her multifaceted experience from concept to commercialization, and knowledge of FDA and sponsor requirements in the US, Europe, India, and Asia, is vital to CrownBio's strategic global growth, as well as its expansion in the preclinical services market.She is an active member of numerous industry organizations, is a registered nurse, and holds a bachelor's degree in business. LinkedIn で、Laurie と接続してください。


ShiQian.jpg

Qian Shi 博士

VICE PRESIDENT OF CANCER PHARMACOLOGY AND IN VITRO CANCER BIOLOGY, GENERAL MANAGER OF CROWN BIOSCIENCE (TAICANG) INC.

Dr. Qian Shi currently leads cell line based in vitro and in vivo departments in Crown Bioscience.He is also the General Manager of Crown’s Taicang site.Dr. Shi obtained his B.S. and M.S. degrees in Fudan University, majoring in Genetics.In 2001 he obtained his Ph.D. degree in Cancer Biology from the University of Texas at Houston, M.D. Anderson Cancer Center.After graduation, he moved to Boston to pursue post-doctoral training in the Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School.He brings with him years of cancer research experience from both industry and academia, with investigator position at Arqule Inc. and Professor/Principal Investigator at Fudan University.Qian has authored more than 30 papers in peer-reviewed journals, edited 2 books in biopharmaceutical sciences, and been the senior author of publications in leading journals such as Molecular Cell.


Yixin (Jim) Wang 医学博士

SENIOR VP CARDIOVASCULAR AND METABOLIC DISEASES (CVMD) RESEARCH; PRESIDENT OF THE INTERNATIONAL INSTITUTE OF BIOMEDICAL RESEARCH (IIBR), A CROWN BIOSCIENCE COMPANY

Dr. Wang started his academic career as a postdoctoral researcher at Boston University in 1987.In 1992 he became an assistant professor at the University of Tennessee in Memphis where he worked until 1996.He has worked in several major Pharma (GSK, Roche, Schering/Bayer AG) as a Scientist, Senior Scientist, and Principle Scientist from 1990 to 2008 and in a start-up biotech (Arete Therapeutics, Inc.) as a Director of Pharmacology from 2008 to 2009.

2010年に、彼はCVMD 研究の責任者としてCrownBio に加わりまし た。He has authored nearly 100 publications between research articles, invited reviewers, and book chapters, and has submitted patent applications in the areas of diabetes and metabolic diseases, heart and renal failure, hypertension, thrombosis, hemophilia, atherosclerosis and dyslipidemia, hemodynamics, pharmacokinetics and pharmacodynamics, safety pharmacology, etc. He has been involved in all stages of pharmaceutical R&D, from early stage target discovery and validation, to compound (large and small molecules) discovery, selection and profiling, IND filing, and clinical trials in Phase I & II.


Henry Li 博士

トランスレーショナル・オンコロジー担当VP

Henry QX Li博士は、現在、Prior to CrownBio, Dr. Li has over 20 years of biopharmaceutical, as well as academic R&D, experience in cancer and viral infection, including leadership roles as R&D Director/Senior Director in several US-based biotech companies.Dr. Li currently holds visiting Professor position at Peking University-State Key Laboratory.

Dr. Li earned his Ph.D. in Molecular Biology/Biochemistry from the University of California (Irvine) and completed his postdoctoral training at UCLA School of Medicine.He has published more than 50 manuscripts and edited 3 books in the biopharmaceutical areas.He is also on the editorial board of Current Signal Transduction Therapy.