心血管疾患

生体内の心血管疾患モデルの総合的なトランスレーショナル基盤において薬物の有効性を評価すること

cvmd-magnifyglass.png

心血管疾患の重要側面を評価する

心血管疾患は世界的に死因が一位でありますが、多くの側面で予防可能です。多くの人は現在心血管疾患のリスクを下げたり、心臓発作や脳卒中を防ぐために高血圧症の治療を受けています。

患者の苦しみを軽減するために、病気の進行を止めるような革新的な治療が必要です。しかしながら、新薬の開発や治療の改善は臨床前の高血圧症モデルの数が不足しているために複雑化しています。

クラウンバイオ社は、新薬を臨床に移行するために、高翻訳率な心血管疾患生体内モデルと主要技術を提供しています。

ユニークなNHP(非ヒト霊長類)とげっ歯動物モデルのトランスレーショナル基盤

心血管疾患と代謝性疾患のトランスレーショナル技術基盤(CVMD)は、NHPと心血管疾患のげっ歯動物モデルを含みます。

げっ歯動物に関して、弊社ではクライアントのニーズに合った利用可能なモデル及び代謝異常と心血管疾患のラットモデルについてもすべて研究しています。

弊社では起因性疾患や高度な研究モデルも提供しています。

  • アポリポタンパク質 Eー欠損マウス
  • 一側性腎摘出のSDラット
  • アンジオテンシンII /エラスターゼを起因とする腹部大動脈瘤を有するラットモデル
  • 高コレステロールの餌を与えられたウサギ

柔軟でカスタマイズ可能な研究デザイン

弊社の研究デザインは柔軟性がありカスタマイズ可能です。降圧剤の生体内での有効性評価するための最善な解決法を提供できます。

弊社の主な心血管疾患研究の評価項目は以下を含みます。

  • 血圧モニタリング(連続遠隔測定モニタリング、tail-cuff法を含む)
  • 内皮機能不全
  • 後四半部過かん流
  • 血管硬化(血小板分布幅)
  • 心臓肥大と高心拍出量
  • 心予備力
  • 心収縮機能障害
  • 血小板凝集
  • 血液凝固検査(活性化部分トロンボプラスチン時間)

お客様 のプロジェクトのニーズ、弊社の専門的なサービスに関してぜひお問い合わせください。

プレクリンオミックス社